ナロータングのバットキャップ用の材料を切り出した。
かなり分厚いジュラルミンの材料で40ミリある。
バットキャップに使うには厚すぎる、もとはナイフに使うために買ったものではないのだがいろいろあって結局使わずそのままにしてあった。
このままにして置いても無駄なのでこれをバットキャップにしてしまう事にした。

IMG_9804
適当な場所に線を引く、そこから鋸で切る。
これだけ分厚いと切るだけでもかなりの労働である。

IMG_9808
それをさらに小さく切っていく。

IMG_9809
三つに切って大まかに形を整える。


IMG_9836
ホームセンターで買ってきた長い真鍮製の六角ナットをボール盤にくわえて紙やすりを当てて丸く削った。
あまりお勧めできる加工法ではないが。

IMG_9838
本来はこのナット、基盤を浮かせて固定する為の物らしいのだが、これでジュラルミンのバットキャップを固定しようと考えた。

普通はシュナイダーボルトを使って固定しているようだが、値段が高いのでこれでごまかすことにした。

これでハンドルを後ろから固定してそのまま切ってしまえば一本でナイフ二三本のハンドルを固定できそうだ、一本300円くらいだった。

IMG_9852
 取り合えずハンドル材を合わせた。ブレードを削ろうかと思ったが余裕がないので後にする。
疲れているときに無理に削って鉄粉にしてしまいたくはないのでやめておく、実際に大分やった。

全然進まないが今月中には熱処理に出したいのだが。